スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mercedes-Benz 新型A-Class 試乗

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
今年ものんびりやらせていただきますのでお付き合いください。

さっそくですが待望の新型A-class発売されたんで冷やかしてきました。再度試乗する機会があればしっかりHDRに仕上げますんで今回は抜粋で。
新型A-Class

発売直後なんで実車はないだろと思いきや試乗できますと聞き外に案内されると、いかにもBenz色といわんばかりのメタリックグレーに染まった180ブルーエフィシェンシーsportが置いてあり、こりゃスペック的にも愛車の1シリMスポと同等じゃん。しっかりチェックさせてもらいます。

このモデルはボトムである180ブルーエフィシェンシーのスポーツタイプ仕様になってまして、足回りと外装がその名のとおりスポーティとなっております。

内外装ともに質感が高く一目でカッコイイと思わせる作りでしてBenzの力強さと豪華さがビンビン伝わってきますが、他の車種のように「ボク、Benzです!かの有名なBenzです!」というイヤらしさは払拭されて内装は特にスタイリッシュな雰囲気をかもしだしてます。フロントマスクはここ数年のBenzの象徴であるアバンギャルド顔(あのどでかいシンボルマークがグリルに付いたやつ)でポジションは眉毛のようにライン状に光ります。テールに関してはボトムラインでもマフラー2本出し。走りそうなカンジをガッツリ出してます。ホイールは18インチ履いてたような。
内装はかなりスポーティでしてまさにコクピット。ハンドルは細めですがガッシリ感が伝わってきます。
内装1

 
というわけでキーを差し込みエンジンをかけますが、左手にあるはずのシフトノブがない。実は電子式のコラムシフトになっていてハンドル右、本来ワイパーの部分に小さく備わっています。
なんでこんな仕様にしたのか意図はわからんが目新しくて面白いとは思った。マニュアル時はパドルでいくようです。

ここまではかなり期待以上でやはりこれを待つべきだったかと思い少し後悔しながら発進させたんですが、ハンドル軽!この雰囲気でこの軽さはアンバランス。回しても路面状況が伝わってくるような感触はなく、地に足がついてないカンジ。出足が悪いのは車重のせいもありしょうがないと思い、sモードに変えて再度発進したが反応が悪く1シリのようにモリモリと湧いてくるような太いトルクは感じることなくワンテンポ遅れて加速していく。

聞いてみるとこのモードは単に1速発進か2速発進かの違い程度でしかないみたい。
ほんとは高速はいって感触をみたかったんですが時間の都合でそうもいかず街乗りだけでしたが、走りに関しては1シリと比べると次元が一つ下でしたね。お互いトルクバンドも広くスペック的にも似通ってますが根本FFとFRの違いとトランスミッション、ECUの違い等カタログ値以外の部分に差が出てると思います。

こりゃA200かA250にでもしないと乗ってて楽しい感は皆無。
つくづくボディのBenz、走りのBMWというのを実感しました。

それでも今度のA-classは売れるでしょう。乗り比べる気がなければこのナリ見て一発サイン。1シリなんか一気に販売台数抜かれると思います。
でもオレは走りのBMに一票だな。ぜひぜひ乗り比べてもらいたい。

では、今年最初なのにノンHDR記事でした。


やるじゃん!って思ったらポチッとしてください。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hdrasiato

Author:hdrasiato
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
3673位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1314位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。